ぼーっとすることは脳にいいらしい

私は今まで何もないときも何か考えるようにしていました。人生の時間は有限なので、何もしないにしても、何か考えていなければならないと思っていたのです。そして、意味もなくストレスを溜めていました。たとえば、他人はもっと有意義な時間を過ごしているのではないかと考え、自分もそれに負けないようにする、というようなことです。常に何か考えようとすると、前向きなことだけでなくネガティブな方向にも思考が向かっていきます。これはどうしようもないことなのかもしれません。ポジティブシンキングをしようとすればするほど思考がマイナスにも向かいやすくなるということです。
そして最近なんとなく調べていて知ったのですが、ボーっとしているときには脳の普段とは違う部位が活性化し、情報が整理されます。情報が整理されて脳内が整うと、新たなアイデアが出やすくなりますし、精神状態もすがすがしい状態になります。実際私も取り入れているのですが、非常にいい気分になります。http://www.stoltzproductions.com